新潟県十日町市はり灸治療院「張士堂」WEBサイト

患者さんからの素朴な疑問

初めてご予約のお電話をいただいた肩の痛い患者さん。

鍼もお灸も初めてとのこと。

 

治療の流れや来院時の服装についてお話しした際、「ヒザの辺りまでまくりあげられれば、

ズボンでお越しいただいても大丈夫ですよ」とお伝えしたところ、

 

「痛いのは肩なんですが、足にも鍼をするんですか??」とご質問いただきました。

 

おぉ なるほど! 確かに不思議ですよね。

 

東洋医学には、症状のあらわれている患部は『体の不調の氷山の一角』なので、

体全体のバランスを整えることで人間のもつ自然治癒力を高め、患部そのものは

もちろん、症状を引き起こしている体自体を元気にすることが大事、という考え方が

あります。

 

症状があらわれているところにも、もちろん鍼をします。

血の流れが良くなり、痛みがやわらぐなどして、楽になりますね。

でも、そのままでは、おそらく症状がまたあらわれてくるでしょう。

『体の不調の氷山の一角』を一時的に整えたに過ぎないからです。

 

そこで、患部以外のツボの登場です。

患者さんの脈や舌の状態、顔色などから体全体の様子を把握し、それぞれ元気の足りない

部分や逆に元気すぎる部分を、鍼やお灸を使ってバランスよく整えます。

 

症状を和らげつつ、体が本来もつ自然治癒力を活発化させて、自分の力で元気になれるよう

お手伝いをする。それが鍼やお灸の役割だと考えています。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 患者さんからの素朴な疑問

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://choushidou.com/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする

はり灸治療院 張士堂
〒948-0065
新潟県十日町市高田町3丁目西362-2
十日町病院前バス停より徒歩5分
(蕎麦&だいにんぐ にし乃様となり)

電話:025-761-7818
診療時間:
9:00~18:00(月・火・木・金)
9:00~12:00(水・土)
休診日:日曜および祝日