新潟県十日町市はり灸治療院「張士堂」WEBサイト

鍼の注文 (受付アヤコのつぶやき)

はり治療に使われる鍼には色々種類があり、患者さんの体質や症状によって、使い分けされています。

 

当院で使っているものは、主に下記2タイプ。

 

①東京の青木実意商店さんで作ってもらっている、純金や純銀の、使い捨てで無い鍼。(オートグレーブ、という滅菌器で滅菌して使います)

 

②一回きり使い捨ての、いわゆる「ディスポーザブル」タイプの鍼。

 

青木さんの手づくりの鍼は、繰り返し使いますから注文するのは1年のうちに数回しか有りませんが、②のディスポ鍼は、減り具合を見ながら、1~2ヶ月に1度注文しています。

 

先週も、ディスポ鍼の在庫を数えて、足りない分や新しく使ってみたい番手(サイズ?)を注文しました。

到着した鍼をサイズ別にしまって、「多すぎず少なすぎず、良い収まり具合...」と一仕事終えた感?で一人悦に入っていたのですが...!

前回多めに注文した「5番2寸」というサイズの鍼が、棚の奥の方にしまってあるのを発見!!!

 

ガーン...

 

しかも、今回も「5番2寸」多めに注文していたので、鍼の棚が「5番2寸」であふれんばかり。

よく使う番手なので、弊害無いのですが、このストックを見るたびに

「大事にしまいすぎて忘れていたリス頭のわたくし」を思い出すと思うと、ちょっとユーウツです。

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 鍼の注文 (受付アヤコのつぶやき)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://choushidou.com/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする

はり灸治療院 張士堂
〒948-0065
新潟県十日町市高田町3丁目西362-2
十日町病院前バス停より徒歩5分
(蕎麦&だいにんぐ にし乃様となり)

電話:025-761-7818
診療時間:
9:00~18:00(月・火・木・金)
9:00~12:00(水・土)
休診日:日曜および祝日